<   2014年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

寒さに 負けながら・・(=^・・^=)

寒いけど やはり今年の内に 一度は打っておきたい
 そんな思い出で レンジに出かけるも

あれ ネットが下がっている 折角来たのに場内整理で休みなのか
別の練習場に行こうか 思案しながら駐車場に廻っみたら営業していた。

ネットが下がっていたの
昇降機が故障したようで ネットが動かず
1階のみで営業をしていたるようだ。

d0198735_23132460.jpg

とりあえず どんな感じか  様子見なので
持っていたのは 5/7/9/PW 比較としてスポルディングの7番

軽く準備運動して まずは PWから

1球目 あら トップ 
2球目 力ない 右へのスライス
ボールが 捉まらない  体も 廻らない  手も冷たい
レンジに 来た事を すこし 後悔 ・・・・

この状態では クラブの良し悪し 自分に合うかも評価できそうもない。

それでも 折角 来たのだからと 
3球目  やっと まともに 飛んでいったが
距離が出ない PWで 80ヤード程度
他の PWなら この練習場では 100Y近く行くはずなんだけど・・

4球目 力んで打ったら トップ 寒さも有って 手が痺れる (=^・・^=)
それでも めげずに 良い球 悪い球が 半々の感じで 打ち続けて

良い球だけの 感想で言えば 持っているアイアンの中では
距離が出ない感じ  比較に持っていった スポルディングより マイナス5ヤード
7番で 130Y程度 打感については普通の軟鉄アイアンで特に感じる物は無し

打点は 持って入るアイアンの中で 1・2を争う 厳しさが有るね
というのが このアイアン インプレッション  

まあ いずれにしても 寒いは厚着だわ
最近ボールも打ってないわ で これ以上の良し悪しを判断するのは難しいと
50球程 ボールを打って レンジを後にしました。 
d0198735_23132763.jpg
ついでに 交換したグリップの方ですが 全く問題は有りませんでした。 

[PR]
by PRO230-ekisa | 2014-12-19 23:46 | アイアン | Comments(2)

雪と寒さと強風

寒い (=^・・^=) 今日は かなり雪が降ったし 昨日は凄い強風と寒さ

 レンジに行く気も起こらない  何時になったら 新しく入手したアイアンを打つ事やら

 そんな訳では無いが 重量とスイングバランスをしっかり計測してみた
d0198735_18220600.jpg
d0198735_19034991.jpg
グリップの重量を ある程度計算して 刺したから
重量 ピッチも概ね 良好

スイングバランスも計測したら これも D0で ほぼ揃っている・
ピッチングの重量差が 大きいけど バランスは D0少し重め程度で
スイングバランスの視点で考えると 揃っている事に。

数値が合うのは 精度が高い組み付けだろうね
 ヘッドの重さの精度が高いから 数値が合うのかなあ

 精度が悪いと言われる DG それは 製造元も認めていて
 ダイナミックゴールドの番手間重量公差を±0.5gに設定の
 イシューを高い価格で販売している事からも判る。

 実際に 生のDGの重さを正確には自分で測っていないが
 
 やはり 組み立てた  ジョイメニィーさんが 凄いのか
 比較は ショップオリジナルのアイアン 赤文字が重量ピッチ

 まあ これが 普通と思うのだが・・・・・。

 打ってみたい しかし 寒さには 負ける私で有った(=^・・^=)



[PR]
by PRO230-ekisa | 2014-12-18 19:08 | アイアン | Comments(0)

16本交換

悩んでみたけど  バッタ物のグリップの按配も 確かめたくて
 重量が 近い 6本を 結局、交換しました(=^・・^=)

d0198735_11332039.jpg
バット径が細い DGR400なので 下巻き 螺旋の2重にしました。
螺旋の 2重の 2回目は 一発勝負で 非常に気を使いますが
ミス無く 巻く事が出来ました。

要領としては 1回目の 巻きラインと平行に合わせる事です。

このグリップの特徴なのか ラバー部分の右手側が 少し太く感じます。
オリジナルは もう少し細かった様な気がします。
他のグリップとの比較でそう感じますから ティパーが緩やかなのかも知れません
以前の バッタの イオミックスは 左手側が若干細く感じるので
バッタモノは 全体に ティーパー 緩いのかも
グリップ力には 何の不満も有りませんが

また このグリップが仕上がりが太くなるのかも知れませんが
バッファローのテープ螺旋2重で 巻くと 仕上がりが 予想より太くなる気がします。
元々 テープの厚みがあるタイプですから

少し 太目に仕上げる必要が有る時に 少しテープの厚みの薄い物を
用意して 必要に応じて 使い分ける事も考えないとも思いましたが・・・・。

好みの 形状や太さに合わせる為に 下巻きをテープの種類巻き方を替える
これが 出きるのが 本当の職人の技でしょうね。
当然 シャフトの種類によっても バット径が同じでも ティパー角度が違うし
グリップの種類によっても 肉厚やティパーの角度も違うわけですから それも把握しないと駄目だし。

更に勢いで グリップ交換を もう 1セット
d0198735_11553498.jpg
同じ 黄色のグリップ (=^・・^=)
 シャフトがFM5.5で グリップサイズ60なので 何も 策を労せず 螺旋1重巻きです。

握った感じでは バッタ物より こちらの方が 良いですね。

d0198735_12003466.jpg
専用の両面テープも無くなったので 新たに購入。
グリップ交換て
拘れば 際限なく 拘る事も出来るが その拘りが 何処までスイング影響するのか
日替わりスイングのアベレージゴルファーにはその影響は無いと思います。

自己満足の世界ですね。

[PR]
by PRO230-ekisa | 2014-12-14 12:14 | ゴルフグリップ | Comments(0)

アイアンの重量ピッチ

クラブが好きだから 色々な工房のブログを良く見る。

 その中で アイアンの組み直しでシャフトチップに鉛が大量に
 入っていて これでは 駄目と言う意見を良く見る。

 この鉛の調整はスイングバランスを揃える為に入れる。

 ヘッドの重量ピッチを7g
 シャフトを 0.5インチ ピッチで 組み立てると
 理論上 スイングバランスが 揃う様になっている。

 無論 それは 理論上の話で グリップ ヘッド シャフト いずれも
 個体差が有り クラブを組み上ても 計算上(設計上)の数値とは一致しない。

 そんな中 アイアンのスペックとして 優先されるのは
 長さとスイングバランスになっていて
 総重量が7gのピッチ差になっている事など殆ど有り得ないと思っていた。

 しかし このクラブは重量ピッチが 計算値に近いのだ。

 精度高いと 言われているエポンやミウラにしても
 グリップとシャフトに誤差が有れば 数値は狂う。

 特にシャフトは長さが違う物を重量を揃えるのは素人考えでも難しい気がする。

 だから 重量ピッチなんて揃ってなくても当然と思っていたのに
 揃っているのだ(=^・・^=)

 
d0198735_00545085.jpg
こちらが お気に入りクラブ 3種類の 重量

多くの クラブが 7番 8番の 所で 形状が違って来る為か、誤差が大きいくなる傾向が有る。

何故揃うのか 疑問が好奇心に そうなるとクラブをばらしくなるが・・・・。
シャフトが抜けない恐怖と このままの使い心地も重要なので

滑るグリップを交換する事に(=^・・^=)

早速 硬化して滑るグリップを剥がします。 すると・・・・・・。
グリップを 外して 重量を計測 やはりほぼ 7gピッチで重量が揃ってます。
d0198735_01320519.jpg
こんな現状のシャフトバットが出て来ました。
未交換と思われた グリップは 交換されていた様ですが
画像で 判る様に 交換前の 両面テープの糊のかすを残したまま
縦貼りでグリップを装着したようです。

この 糊残りは スチールシャフトならカッター等でこそげて 除光液でふき取れば
割と簡単に除去できるんですけどね  
d0198735_11481212.jpg
こんな感じ綺麗になりました。 クラブに対する 愛情が足りません。
バット側は錆びも無く 綺麗でした。

こうなると グリップ重量も 揃えて 取り付けたくなります。

当初は 

バッタ物を取り付けようと思ったんですけどね
重量のばらつきが上下で4g有ると 適当に取り付けたら
重量 ピッチ 7gが 大きく ずれる 可能性が・・・・。 悩ましい所
d0198735_11512010.jpg
それに スイングバランスも 計測しないと・・・。 

52グラム中央値で考えると 使える物は 10本中 6本
バット径の細い DGR400で グリップ径が60サイズ しかも バッタ物ですから
仕上がりの グリップの太さも 気になる所   

[PR]
by PRO230-ekisa | 2014-12-13 23:25 | クラブ調整・組立て | Comments(0)

ネック周りの統一感


ちょっと カメラアングルが バラバラになってますが 2番からPWを撮影
d0198735_19175203.jpg
d0198735_19180104.jpg
個別の画像
d0198735_19000492.jpgd0198735_18595826.jpgd0198735_18594885.jpgd0198735_18593508.jpgd0198735_18592792.jpgd0198735_18591733.jpgd0198735_18590455.jpgd0198735_18585100.jpgd0198735_18583689.jpg
[PR]
by PRO230-ekisa | 2014-12-13 22:18 | アイアン | Comments(4)

流石がと言うべきなのか・・

一通りの 手入れをして綺麗に成った所で 重量を測ってみました。

 その結果 重量ピッチが 7g+-1g程度で 綺麗にホローしています。
 今まで 色々なクラブの重量を計測しましたが 7gピッチが基準で
 ここまで 誤差が少ないクラブは初めてです。

 DGにしては クラブの総重量は少し軽いです。
d0198735_13012570.jpg

セルに ナンバリングされています。
d0198735_13224255.jpg
グリップは コード入りで > < 位置が ずれていますから 当時の物でしょう。
d0198735_13371599.jpg
ただ 硬化して 滑り易いので 普通に使うなら 交換が必要でしょう。
それに 一部 シャフトで 点さびが 発生していたようで
それを 落とした傷が シャフトについていますから

グリップを外して シャフトバットの錆びを確認した方が良いでしょ。
d0198735_13415848.jpg
構えてみると こんな感じで 捉まりが 悪そうに感じますが
素振りの 範囲では 捉まるクラブに感じます。

寒いので まだ打ってないので 実際はどうなのか判りませんが・・。

丹精な作りの 少し女性的な繊細なイメージが このアイアンの印象です。
入手したアイアンを一通り自分なりに綺麗にする事で
何となくでは有るが そのアイアン良し悪しが判ってくる

ヘッドの出来については 流石に 中島プロのクラブを調整した 
著名なクラブ設計家のブランド 素人の私でも判る出来のよさ。

構えた時に シャフトからトップブレードに繋がるラインが綺麗で構え易いね。
 

[PR]
by PRO230-ekisa | 2014-12-13 00:02 | アイアン | Comments(0)

即決の罠に 手が勝手に  (=^・・^=)

常々監視している ヤフオク 

 最近 自分の興味の有る アイアンの出品は少なくなってきている
 そんな中 目に留まった アイアン

 金額的に 少し高めだが 即決価格の提示と 高目とは言え 自分基準の範囲内。

 こうゆう出品て 迷って 次に見た時 落札されていたりする
 本当に悔しい気持ちに成るんだよね(=^・・^=)

 そんな事を 思いながらしばし 画面を眺めていた記憶は有るが・・・
 
 突然 画面が 落札おめでとうございますの画面に切り替わった(笑)
d0198735_15392316.jpg
一度は 自分でも手にしてみたいと思ってた興味の有る アイアンですから 
勝手に動いた指を褒めてやりたい気分も・・・・。

到着したアイアンは使い込まれた雰囲気は無いのですが
金色を帯びたメッキの特性だろうか こんな感じでくすんでいます。 
d0198735_15455873.jpg


d0198735_15465244.jpg
錆かくすみを綺麗にする為か 
フェイス面を磨いた様で トウ側に横までも磨き傷が
フェイス面はつや消し処理がしてあるから 磨いたら 駄目なんだよね

汚れや溝の中の錆びが有ったら
CRCを吹き付けて 歯ブラシ等の柔らかいブラシで落とす
それで 駄目なら 真鍮のワイヤーブラシまでは 使っても大丈夫

この余白は 縦にヘアーラインが入るんだけどね
ブラス処理したスコアライ箇所も一緒に磨いたようで みっともないです。

手入れの方法が間違えているんだよね 残念
そんな訳で気に入らない部分を修正と手入れです。
d0198735_15580702.jpg
フェイス面は磨いたら駄目なので養生します。
余白部分をサンドブロックで 縦方向に軽く擦ります。
d0198735_16024451.jpg
磨き過て地肌か出たら 目も当てられませんので、ある程度 気にならなく成った所で完成とします。
バックフェイスも 同じく サンドブロック ヘアーラインに沿って 軽く擦ります。
d0198735_16073018.jpg
磨く前と 磨いた後の比較でも 判る様に 手を入れてやると 随分綺麗になります。
このメッキは直ぐに曇ってしまい手入れが 面倒です。

一時は流行しましたが 今は全く見なくなりました。
通常の シルバーメッキより くすみ易く 手入れが大変だから 採用されなくなったんでしょうね。
d0198735_22222880.jpg
メッキ違いを3種類 比較で撮影しましたが いまひとつでした。
画像上J’s Professional Weaponがシルバーのサテン
真ん中が DP701 パールサテンだったかな
下が ゴールドサテンに区分されるか・・・。


[PR]
by PRO230-ekisa | 2014-12-12 12:13 | アイアン | Comments(0)

シャフトについて考える 4

日本シャフトさんの 特許公開情報を読んでみた。

 言い回しが 面倒で読み辛い(=^・・^=)

 NS950GHの 販売開始が1999年 4月
 この 特許出願は 2000年 

 内容を 読むと NS950の シャフト設計のように思うが
 製品が出来上がってから 出願と言うが 正しい手順なのか判らないが
 まあ この シャフトの事だろう。 
 出願のシャフト形状でバット径も15.50になっているし多分間違え無いだろう。

 簡単に言えば キックポイントを 2箇所設定する事で
 スインガーにもハードヒッターにも この1本で対応できるシャフトと言う事らしい。

 この 設計思想には その前に出されている
 ゴルフスイング解析装置の 特許な中で

 スイングタイプにより シャフトの動きは違い
 シャフトの特性で 合うシャフト 合わないシャフトが有ると言う結論から
 それを1種類のシャフトで対応してしまいましょうて 事が 出発点のようです。

 だとすれば 
 カーボンの代わりの 軽量スチールシャフトの位置づけと思っていたが
 万人に 扱い易いシャフトだった事で 市場で爆発的に売れたのかも知れない。

 まあ これには 販売戦略や クラブメーカーの思惑なども有るが
 誰も そこそこ 使い易いと感じるシャフトだからこそ 人気が出たと言う事かもしれない。 

一般に NS950は 中折れ感がすると言われるのも
この タブルキックポイントが影響しているからなのだろう。
タブルベントとい 言われるM10DBが同じ発想で開発されたシャフトかは判らないが

NSシャフトには キックポイントを2箇にする事で
市場を リードする シャフトになったと言う事だろう。

そして この設計は モーダスにも 受け継がれているのかと考える。

そして 今更ながら NS950を もう少し調べてみたら

 NS950は バット径 15.50と全部 太いと思っていたら
 HTモデルは バットが一般的な 15.24だった。
 
d0198735_22484734.jpg
NS950を ひとくくりで考えてたけど この3種類の シャフトを比較してみる必要が有るかもしれない。

が・・・・。
ウェートホローFW にしても HTにしても 市場に出回っている 数が少ないし
比較 試打できる 機会が やってくるのか ちょっと判らない。


 

[PR]
by PRO230-ekisa | 2014-12-04 22:55 | クラブの科学 | Comments(0)


古い ポンコツに近い ゴルフクラブの好きなブログです。


by PRO230-ekisa

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
Myメインゴルフ道具
絵日記
ドライバー
アイアン
パター・FW
ゴルフ用具
クラブ調整・組立て
クラブの科学
スタイル
ラウンド
オープンコンペ
スイング・練習
書籍
ゴルフグリップ
ゴルフ業界極めて個人的な愚痴
未分類

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2010年 11月

最新の記事

雨・・・
at 2017-10-16 21:11
グリップの経過観察
at 2017-10-15 20:32
ベンチマーク
at 2017-10-14 08:46
アディピュア レイ ボア
at 2017-10-08 12:14
富士スタジアム北コース
at 2017-10-07 07:55

最新のコメント

> j's450さん ..
by PRO230-ekisa at 10:15
おはようございます。 ..
by j's450 at 09:08
> j's450さん ..
by PRO230-ekisa at 19:22
いつも楽しく拝見させても..
by j's450 at 10:21
> やきそばパンZさん ..
by PRO230-ekisa at 19:34
冷間鍛造だとナカリ思って..
by やきそばパンZ at 14:09
> やきそばパンZさん ..
by PRO230-ekisa at 22:34
これちょっと捻れて見えて..
by やきそばパンZ at 13:53
> やきそばパンZさん ..
by PRO230-ekisa at 11:38
静岡県、東の方はよく行き..
by やきそばパンZ at 23:56

最新のトラックバック

外部リンク

検索

MY ホームページ

 MY ホームページ

http://pro230.nekonikoban.org/

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

ゴルフ

フォロー中のブログ

画像一覧