<   2012年 02月 ( 19 )   > この月の画像一覧

プロの依頼

自力では 抜けなかった ヘッド
 色々 やってみたが 駄目で これ以上 何かすると
 ヘッドが駄目になりそうで 怖かったので

 プロに依頼することに

 近所の 工房で電話聞いたら 1000円/1本
 ネットで探したら 500円/1本

 往復の送料を勘案しても 通販での依頼の方が 安かったので
 そちらに 抜けない ヘッド5本(1本は サラブレッドアイアンの8番)
 ネットで探した 工房に依頼

 それが 本日返送されてきました。

 
d0198735_1931693.jpg


 依頼した 公房さんからの 連絡では 
 ヘッド抜器に掛けて 抜けたそうです。
 作業に問題も有りませんし 抜いたホーゼル内も 綺麗に掃除されていました。

 やはり ホビータイプでは シャフトクランプと押し出す力の入り方が違うのかも知れません。

 私の やり方が 悪い可能性も高いですが
 まだ、抜けないヘッドが有りますので その辺を 今度 やって見て
 考える事にします。

 当面、挿す為のヘッドは有るし  気になる シャフトはDGのXPですが
 実際に工作した クラブを 一度も使ってないので
 工作の手順や 接着剤の取り扱いに 間違えは無いと思うけど
 この辺 やはり 使ってから  次の工作に 移った方が良い気がしますし

 東京は 雪のようですが
 こちらは 昨日までの 寒さから かなり 気温があがりましたので
 練習場に 行けそうです。 明日は もっと 暖かくなるようですから(=^・・^=)

 >セベケン さんへ

   記憶が曖昧ですが 丁度 その頃 ヘッドの生産が 米国から日本に移った
   そんな 記述を読んだ気がしますが・・
   http://blog.golfdigest.co.jp/user/230/archive/462#comments
  
    手元に無いので 確認出来ませんが

   セベケンさんの見たプリセプトのアイアンを知らないので何とも言えませんが
   当時、汎用ヘッドに刻印のみ変更したのみ の様なモデルが沢山店頭に有りましたからね。

   トニーペナジャパーが出来た時 日本は空前のバブルでゴルフブーム
   有名所の 名前のライセンス契約して 製造は姫路の何処かの工場が作ったんでしょう

   TP403も503も ラインが日本的ですから

  それと その後 直ぐ後に TP301も ヤフオクに出てました。 503も出てましたので
  画像捕獲してありますので UPしますね。

  
d0198735_20254088.jpg


  こちらは 301 
 
d0198735_20283799.jpg


  こちらは ヤフオクで入札はしたんですが
  シャフトが FM6.5で
  実際使うとなれば シャフト交換しないと 使えないし
  また・・ヘッドが抜けないと 困った事になるし
  リシャフト金額をプラスして考えたら
  使えるシャフトの 同モデルが また 見つかるかなて事と
  アイアン増えすぎなので 見送りました。
[PR]
by PRO230-ekisa | 2012-02-29 20:35 | クラブ調整・組立て | Comments(1)

皮グリップの経過

http://pro230.exblog.jp/15275403/

d0198735_2340778.jpg


こちらの クラブの 皮グリップ 硬くなって 使い物に成らない
そんな 記事を アップしました。

皮用の 保湿油の こちらを たっぷり塗って 放置して有りました。
d0198735_23361632.jpg


放置してから 1ヶ月 ある程度 保湿油が浸透して 柔らかくなったかと
確認して見ましたが・・・

皮の 柔らかい風合いは 戻っていませんでした (=^・・^=)

油分が抜けただけでなく 表面の黒の塗料?が 硬くなって
油分が染み込むのを 阻害しているのも原因かもしれないと

今度は 違う 方法に チャレンジ

  ふと思いついたのが ブレーキクリーナー  溶剤です。
  これを 皮グリップに 吹きかけてみます。

  脱脂効果も 有るから 更に 状況が 悪化する可能性も有りますが
  今のままでも 使えないので 試す価値はあります。

  早々 試します。

  皮グリップに 吹き付けて タオルで きつめにグリップをふきます。
  黒い汚れが タオルに 付着して 硬かった皮が 若干 弾力が出た気がします。
 
  
d0198735_041018.jpg


  こんな感じで 黒光りしていた 表面は 若干色落ちして 柔らかいような
  何と無くですが 皮クリームも 浸透していきそうな 
 
  そんな訳で  再び グリップに 皮クリームを たっぷり塗って
  しばらく 放置して見ようと 思います。

  これで 改善されれば  硬くなってしまった 皮グリップの再生方法として
  有効な 手段に なるかもて 期待しながら  

   経過報告として   記事アップ

  そうしないと いつ頃 したか 忘れてしまうので (=^・・^=)

  結果が 出るまで 真似して 失敗しても 責任はもてませんので
  やるにしても 1・2週間後に 結果報告しますので

  その後で 自己責任で してくださいね。
[PR]
by PRO230-ekisa | 2012-02-28 00:19 | ゴルフグリップ | Comments(0)

スチールシャフトのドライバー

セベケンさん  やきそばパンZさん  KUROさん  コメントありがとうございます。

 まずは  今回 シャフトを利用する為に犠牲になったヘッド

  
d0198735_21542892.jpg



  奥が 400cc弱で 199グラム  手前が 150cc位かなあ 192グラム
  ただ 持つと 手前の方が ずっしり 重く感じるんだよね
 
  大きい物 重いの先入観からなのか 比重の関係でそう感じるのかは判らないけど
  手で弾いた感じ ステンレスヘッドの方が 打感は良いと感じます。

 
d0198735_2213313.jpg


  そして バーナーで炙った為に 塗装が焦げた ネック周り  (=^・・^=)

  拡大
 
d0198735_233036.jpg


  
  スチールシャフトにメタルの 組み合わせのドライバーを過去に使っていました。
  その時感覚として ボールの 珠筋が違ったいました。

  芯を喰った時 ホッブ・ステップ・ジャンプて 感じで 珠が上がった気がします。
  これは 個人的には シャフトの影響だと思っています。

  そんな 球筋が 欲しくて ゴルフ再開後に ジオテックでオーダーしたのが
  緑のヘッドのドライバー 1度か2度使ったと思います。
  球筋は予想通り 途中から 上に上がる様な球筋でしたが
  最後の ジャンプは 現在の自分では 無理でした (笑)

  ただ このヘッド 安物だったからでしょうか  極めて打感が悪い
  
  だから 有る程度気に入ったヘッドで スチールシャフトのドライバーは欲しかったが
 
  修理屋さんに 持ち込んで 作って貰おうと言うのも考えてたんですが
  どうも そんな変なドライバー作って貰うのに 気後れして 
  頼む事は出来ませんでした

  そんな訳で 自分で作るなら 気兼ねなしなので いそいそと作りました >セベケンさん (*^_^*)
   
  そして 重いドライバー
  自分も 1ラウンド通して 振れるかと言われれば 無理です。
  >やきそばパンZさん
  でも 練習場なら 気持ちよく 振れると思うので
  練習のためと言うより 気持ちよく振れる練習場専用のドライバーの位置づけです (=^・・^=)

  >KUROさん
  
    色々なシャフト試されていますね
    個人的には 350CC程度の大きさまでのヘッドがどうしても しっくりきます。
    そうなると それに 該当して 気に入ったヘッドが中々無いんですよね
   
    丁度の その頃のヘッドサイズは 国内だと 高反発だったり
    フェイスアングルが フックだったり 適当で金銭的に負担も少ないヘッドは
    探しても 中々有りません。
    後、ヘッドが抜けない 恐怖も有りますし 焦がしたらかっこ悪いし (^^ゞ

    アイアンが DGなら 380グラム程度までは OKですね(笑)
    DGで組んだ方は 44インチ以上有りますから
    これは 以前のヘッドの時も そう感じましたが 
    スチールで この長さだ組むと ちょっと シャフトの挙動がいびつに感じましたから
    スチールなら 44インチでは無理が有るのかも知れませんね
    
   気に入ったヘッドが安価で入手できたら ダイナライトS200 R400 DGSL-S300
   辺りで 1本 組みたいですね (=^・・^=)

   軽量スチールシャフトのパーシモンヘッドでこんなの
   http://pro230.nekonikoban.org/dr-50.html

   もってまして この シャフト ドライバーなら良い感じです。
   アイアンは 少し軽くて 頼りなかったんですけど・・・。 
    
   
  そろそろ 暖かくなってきたし 作ったり・溜まってしまった  クラブ達を
  打って来ないと (=^・・^=)
[PR]
by PRO230-ekisa | 2012-02-25 22:58 | クラブ調整・組立て | Comments(0)

オーバースペックドライバー

少し暖かくなってきました

 クラブを振るのに 少し慣れて 自作クラブを正当に評価しないと

  そんな事を思いながらも 完全に オーバースペックのドライバー完成

  
d0198735_21124120.jpg


  重量 366g パーシモンなら普通の 重さとも思うが (=^・・^=)
  スチールシャフトに チタンヘッド  これぞ 過去と現代の融合
  シャフトは DG-S200 

  
d0198735_21272253.jpg


   セルは 樽型に仕上げました (笑)

   手元に有る ドライバー用のセルは 1種類しかないので それ使ったら
   セルの外径が 大きすぎて しかも リングが入っているので
   その部分を 削ると まずいかと 思って 仕上げたので こんな形状に

   更に もう一本 スチールシャフトのドライバーを作ってしまいました。

  
d0198735_2134698.jpg


    重量 370グラム  長さ 109.5cm  バランス D4位

  ツアステの Xドライブ TYPE300 プロスペック 
  350とか 380とか 同様のデザインのシリーズが有りますが
  ヘッドの形状とバランスは一番良いと 思っているヘッド 
 
  それが ヘッドのみが ヤフオクで 1円で 出品されていたので 

  思わず ポチ

  そして このヘッドに挿した シャフトも ゴルフプランナーのドライバーに刺さっている
  良く判らないスチール 硬さは R  (=^・・^=)
  長さも 43インチしかない 短尺 (昔は普通の長さだけど)
  300CCしか無い ヘッドが 異常に でかく感じます。

d0198735_21512047.jpg


  で 2本を 比較して見ると
  今回 ポチして 到着したヘッドには 画像の様な 刻印が有りません

  偽物 ???

  それなら それで 面白いんだけどね
[PR]
by PRO230-ekisa | 2012-02-23 22:00 | ドライバー | Comments(3)

スイングバランスをどう考える

完成した こちらのプレシジョンFW装着クラブに

 グリップは何を 付けるか 考えながら
 48グラムのグリップを仮装着して  スイングバランスを計測したら

 
d0198735_23112475.jpg


 こんな感じに (=^・・^=)

 数値を あまり 気にはしてないけど ここまで 差が有ると
 振った感じが 全く違うだろうなあ・・・と思ったりする

 スイングバランスを気にするなら
 鉛を 貼って 調整すれば 良いが

  7番以下に 8グラム 程度の鉛を貼ると
  数字上は スイングバランスが 合ったとしても
  やはり 振り味が 違てくる  

 女性用の 軽いグリップ (40グラム程度)を 付ける方法も考えられが

  スイングバランスあわせるなら

  5/6番に 50グラム程度の グリップ

   7/8/9/PWに 40グラム前後の グリップ
   
    これで 数字上の 辻褄は ある程度有ってくるけどね (=^・・^=)

   他の 案としては 7番以降の シャフトの延長
    今回の シャフトは 3番 38インチ基準で カットされていたと思うので
   38.5インチ合わせより 短い

  そこで 7番を 6番と 同じ長さにして 8/9/PWも 0.5インチシャフト延長
  これで スイングバランスだけは 帳尻が合って来るだよね。
   
 
  それと  プレシジョン FWシャフトの 刺さった クラブがヤフオクに出品されていました。

  こちら
d0198735_23315480.jpg


  画像は ヤフオクより 拝借

  このアイアンの出品者さんは 以前 珍しいアイアンを大量出品された
  出品者さんで それ以降 この方の 出品品はチェックしてます。
[PR]
by PRO230-ekisa | 2012-02-22 23:39 | クラブ調整・組立て | Comments(4)

ヘッド吊り下げ

KUROさん 再度コメントありがとうございます。

 色々 工夫の 一環として こんなものを 作りました。

 
d0198735_18532690.jpg



 角材を 川の字に配して この間に ヘッドを入れて 捩じれる補助具
 当然 相当な 力が掛かるので
 強度を考えて 厚い材木使っています。
 板は 3cmの厚みが有ります。 角材は4cm角

 
d0198735_18584837.jpg


 こんな感じ ほぼ アイアンヘッドの高さが有ります

 この角材と板材は 目ネジと 接着剤を利用して 強固に固定します。

 
d0198735_1913655.jpg


 目ネジは ガイド穴を空けて 捩じ込みました。
 充電式のドライバーから 焦げ臭い臭いがするほどの 力で捩じ込んでいます。

 材料については 木工工作した時に余っていた 材料を使っていますので
 お金は 掛かっていません (=^・・^=)

 更に ソケット打ち込み器も 自作しました。

 
d0198735_198375.jpg


 これは GDO時代に ブログ繋がりの  j.s.t「じゃんく」さんの影響も有り
 クラブいじりを 試したのですが・・・
 その時も シャフトが抜けず (=^・・^=)
 j.s.t「じゃんく」さんが 安い シャフト抜きをヤフオクで買ったと言うので
 真似して 自分も 買ったのですが やはり抜けずで 使い勝手も悪く
 http://blog.golfdigest.co.jp/user/jst/archive/618
 その後、クラブいじりは 休止していたので
 不用品として 残っていた残骸の 再利用です。

 画像を 見れば 判ると思いますが
 丁度 センターの穴が 9ミリ
 3cmの長さの有る ボルトを 1cmほど板に差し込んで
 一般的な 差込寸3cmの高さになっています。

 差込寸が 浅い場合は 1円玉 を 下に敷いて 1ミリ単位で調整します。
 深くする場合は ボルトを外して 座金を入れてやれば 高くも出来ます。

 ソケットをシャフトに挿して 少し頭が出れば
 後は 穴に先を 入れて  シャフトに体重を 掛ければ 簡単に規定値に
 ソケットが差し込めます。 廃品利用の力作 (=^・・^=)

 作ったからには 試したいと まずは  クラブの組立て
 
 完成です。

 
d0198735_19472330.jpg

 
  人力で 抜けた  PWと5番アイアン 組み立てて見ました。
  差込寸は 29ミリ
  自作の ソケット打ち込み器は 中々快適に使えます。

  
d0198735_2011439.jpg


  ソケットとネックの径が 13.8ミリで丁度サイズでしたので
  まあ・・・ これなら 面倒な ネックの処理は 必要ないでしょう (=^・・^=)

  今回は ソケットとネックは マスキングテープで 養生しましたが
  ネックとソケットの養生テープの僅かな 隙間が出来て 綺麗に拭き取ったつもりでも
  その隙間に 僅かに接着剤の拭き残しが 発生してしまい
  これは カッターの刃先で 削ぎ落としましたとさ

  
[PR]
by PRO230-ekisa | 2012-02-22 20:12 | クラブ調整・組立て | Comments(2)

シャフト抜き器買いました。

ヘッドが抜けずに ストップしているアイアン


  色々 悩んで
   シャフト抜き器を 色々調べて
   高価な バネ式までは カーボンシャフトを抜くなら必要だけど
   そうでないなら 必要ないとの判断で

   ヤフオクに出ていた こちら アルクの ホビー用をポチ

   
d0198735_031949.jpg


   色々 見比べて見たけど 国内の専業メーカー作成で
     価格と機能から考えたら これが一番良いと思って購入しました。

  物は 画像で見るより 重量もあり しっかりした 作りです。

  早々、抜けないアイアンのヘッド抜きに チャレンジです。
  ネックバーナーで炙り レンチを回します。

  びくともしません (=^・・^=)

  その内に 固定しているシャフトが 滑って 動きます、
  
 更に シャフト クランプのネジを締めこみます。
 それでも シャフトが動いて 抜けません

 更に 締めこんだ所で

 ビキ いやな音がして スチールシャフトが 裂けました(汗)

 やり方が 悪いのかと 思い

 今度は 古いドライバーを抜いて見る事に

 1本目は スチールシャフト刺さった ドライバー
 ヘッドは 塗装されていましたが  面倒なので
 ガスバーナーで 炙ったら 見事に  塗装が焦げて 簡単に 抜く事が出来ました。

 塗装してある ヘッドは ガスバーナーで炙ったら 駄目ですね(=^・・^=)

 今度は カーボンシャフトのドライバーで 塗装してありますから
 ヒートガンで 暖めて 抜いていきます。

 ちょつと 時間が掛かりますが 塗装は 焦げる事無く 無事抜けました。

 
d0198735_0222049.jpg


 抜けたシャフト ヘッド

 これを 組み合わせて スチールシャフトの チタンドライバーを組み立てて見ました。

 ヘッドは こちらの
 
d0198735_0235080.jpg


 ダイワの チタンヘッド   ヘッドサイズは 250CC程度だと思います。

 自作ドライバー 2本目の 完成です。

  しかし アイアンヘッドは なぜ 抜けない

 抜く方法 誰か知ってたら 教えて m(__)m

  昨年、simicuriさんの所で
  教えて貰った シャフト抜き方も  スチールなら 捻って 抜いていたし
  実際、自分で 10本程 手で抜いているんだけどなあ・・

  simicuriさんの所へ ご無沙汰しているけど
  今度 遊びに行って 聞いて見ようかな・・。
[PR]
by PRO230-ekisa | 2012-02-17 00:33 | クラブ調整・組立て | Comments(5)

ヘッド吊り下げ

やきそばパンZさんへ

 FW 女性用のシャフトですか 成る程・・・ 
 と言う事は 5.5表示でも 柔らかいのかなあ 謎

 謎だけど・・ 昨晩 結局 ヘッド 吊り下げちゃいました (=^・・^=)
 これで どんな シャフトか 使えば 判るでしょう(笑)

 昨晩 組み立てちゃいました 組立て時間 30分程度で完成
   まあ・・・ その前の準備が大変ですけどね。

 
d0198735_18293153.jpg


 差込が 少し 緩めなので グラスビーズを使って 隙間を埋めましたが
 先に 組み立てた サンドのような しっかり感は有りません
 サンドは ネックに溝が無い為く 今回は溝が有るので
 ネジギリ溝に グラスビーズが 逃げるからでしょうか

 差込寸も 短いし ガラスビーズの効果も謎なので 一抹の不安もありますが
 経験が有りませんから 仕方ないかな・・・

 何かの拍子で 動かないように 硬化するまで テープを巻きました。
 色々見ると セロテープで良いようですが
 剥がす時に 手間取るので 私は マスキングテープを使いました。

 この マスキングテープ 使い勝手が良いですね
 剥がす時にも 糊は残らないし 接着力もあります。

 
d0198735_1842076.jpg


 使用した エポキシ 
d0198735_18422537.jpg


 約 半分近くを使いました。
 かなりネックからはみ出る量を使いましたが
 これで 6本使うと 少し余る程度の量です。

 しかし エポキシ接着剤は 18度以下では 硬化しないようで
 冬場には暖房の部屋が 必要とは・・・
    ●可使時間(分/25℃): 90 ●完全硬化時間: 12時間(25℃)

 もう一晩 部屋に置いて  明日 以降  面倒なセルの仕上げかな・・
 拘らなければ そのままでも 良い気がするし・・。
 グリップも 付けないと
 使うか 判らないし 7番だけ 付けて 良ければ  全部付けようかなあ・・

 着脱が 簡単に出来るグリップ 誰か 作らないかなあ・・
[PR]
by PRO230-ekisa | 2012-02-14 18:56 | クラブ調整・組立て | Comments(3)

シャフト


 え・・と 前に これも ヤフオクで 入手していた シャフトが有りまして。

 記憶が あやふやになってますが
  マグレガーの レディース用の クラブを落札した時に
  同じ出品者が出品していた物で  8本セットで 金額が1000円程度だった様な

 その時 ブログで 記事アップしておけば
 もう少し 正確に 記載できるんですが   老化 (=^・・^=)


 TPが ヘッドが抜けないし
 だったら レインボーの ヘッドに このシャフトを吊り下げようかと 
d0198735_19185286.jpg

 
  プレシジョン FW と言うシャフト
  どんな シャフトか 色々 探して見たけど 詳しい情報は有りません
  シャフトバンド見ると プレシジョン FMに良く似てますし
  フレックス 5.5と有りますので  硬さは R 後に 5.5はSRに変更になってますが
  この辺の 硬さでしょう  プレシジョン社は 振動数管理で フレックスを分けていましたが

  まあ どちらにしても  良く判らないシャフトで
  出品者の 説明で プレシジョン社の 軽量シャフトとの説明が有った様な・・・。

  これを リシャフトして見ましょうかと

   チップを サンドペーパーで お掃除

  
d0198735_19284695.jpg


  お掃除が 完了した所で 
  ソケットを差し込んで  仮組みしてみたら・・・・。

  当初 差込寸を 30ミリで セルを入れたら
  番手によって 30ミリ入らない物が (汗)

 仕方が無いので 27ミリの差込寸に ソケットを戻して仮組みしてみましたが

 組み上がり 総重量を 机上で 計算して見たら
 
d0198735_19403113.jpg


 元々 ヘッド重量が 7番/8番が 軽かったので 仕方ないけど
 これだけ 重量が 番手間で 踊りが有ると
 スイングバランスも どうなっている事やら・・・。

 仮組みした ヘッドとシャフトをセロテープで 繋いで
 一応 スイングバランスも 計測しないと 駄目かなあと 思ったりするが
 ちょっと 面倒に なってきた (=^・・^=)

 組んでしまって 鉛を貼れば 良い気もするが
 ヘッドに バランスウエートを入れて組みたい気もする。
   これは 駄目だと 言われているが 本当に そうなのか・・・
   試すのも 悪くないと思っているし
   一説では 殆ど 影響は無いとも 言われているしね

 所で FWシャフトて どんな シャフトなんだろう・・
 プレシジョンの シャフトは 余り 好きではないけど
 FMの 後に 作られた ノーステップの ライフルシャフトには 憧れが有るが

 なかなか そのシャフト付きの クラブにも出会わないし
 シャフトが ライフルでも 気に入ったヘッドで無ければ
 心も 動かない (=^・・^=)

 さて・・・ グリップ付けて スイングバランス 計測して見ましょうか

 
[PR]
by PRO230-ekisa | 2012-02-13 20:08 | クラブ調整・組立て | Comments(1)

ソケット仕上げ

 ソケットの 段差を無くす 仕上げをしてみました・

 
d0198735_18371969.jpg


 ピンボケ (=^・・^=)
 
  肉眼で確認できる 段差が有ります。0.3ミリ程度かな

 これを サンドペーパーで磨きます。
   ネックとシャフトはマスキングして 作業開始。

 サンドペーパーは小さくカットして 磨きますが
 小さい為、 裏面が紙で滑り上手く 磨けませんので
 それを 半分に折り畳んで 指に接触する部分も サンド面にした事で滑らなくなりました。

 この 段差揃えの 仕上げ作業 かなり根気が必要で 面倒
  100番の ペーパーを使いましたが もう少し荒い方が 作業が早いかもと思いながら
    100番以下が無い為  根気良く 段差を 無くしていきますが

 ネックとか シャフトが 傷に成らない様に 注意しながらなので
 面倒  (=^・・^=)

 
d0198735_18343469.jpg


 まだ 段差は 手で触ると 判りますが 面倒になってきたので ここで終了。
 セオリー通り マニュキュアの除光液で 仕上げをしましたが
 拭き取る時に テッシュを使った 破れて テッシュがソケットに張り付きました。
 
 再度 テッシュに除光液を多めに付けて 拭き取りましたが
 あまり 綺麗に 艶が出ません (=^・・^=)

 ここまで 一連の リシャフト作業を してきましたが
 ヘッドを抜く事が 出来ない 問題と 
 この最終仕上げの ソケット磨きの面倒なことが

 個人的には 面白く無かったですね (=^・・^=)

 まあ・・ 今回は グリップ付き カット済み 先端のメッキの剥離済み
 シャフトで やりましたから この工程が 入ると
 面白くない 作業が もっと 増える気もしますが・・・。

 そんな訳で やきそばパンZさん 本格的に楽しむと言うより
 一連の シャフト交換作業を 自分で 体験として なぞっただけで
 本格的に その方面に 走るかは いささか 疑問も・・。

 セルは 中古買うと 浮いた物も有ったりしますから
 私の場合は あて布して プライヤーで 挟んで 戻して
 セルとネックの間に瞬間接着剤ゼリー状をほんの少し付けて
 浮いて来ないように 接着してしまいます。
   これを やる時は つけ過ぎない様に 細心の注意が必要です。
 
 接着剤が はみ出ると セルについて 白くなったりしますので、この点が一番注意ですね 
 正しい 処理の方法なのかは 判りませんけど 今の所問題ないです。
 と言うより 浮いたセルのクラブの使用頻度が少ないので
 検証でてません (=^・・^=) もし 同じ事するなら 自己責任でよろしくです。

 
d0198735_18343853.jpg


 そして 今回 シャフトに付いていた グリップが
  貧乏な 私には とても 手の届かない こちらの グリップ。
  マスダのスリックフィットグリップ 実勢価格 1600円

 マスダの説明によれば 飛ばす為のグリップの様ですが
   何故かウエッジの長さしか無いシャフトですけど・・。

以下 商品説明ですが

 レーシングカーに使用されるスリックタイヤからヒントを得て開発された『スリックフィット
グリップ』。素材に特殊コンパウンドを採用し、ラバーグリップならではのしっとりした柔ら
かい感触が特徴です。他では味わうことのできない抜群のフィット感を実現しています。

また磨耗に強い素材を使用しているため、グリップが擦り減る心配はありません。

スリット(溝)がない独創的なデザインは、手とグリップの接触面積を最大限に確保する
ことができるため、グリップ力が増し、水に濡れても格段に滑りにくいという評価を受けて
います。

 実際 握った感じは どのグリップにも似てない 感触です。
   イオミックに代表される プラスチック系ゴムの様な しっとりした感触でもなく
   
 ラバーの感触でもなく  

 強いた言えば ラバーグリップの表面が 光ってきたので
 サンドペーパーで 一皮 剥がして 握った時の感じに似ているかなあ

 また 握った感触は 硬めで しっかりしていると思います。
 良い グリップだと 思いますが・・・・ 消耗品の グリップに 1600円/1本
 
 私には やはり 無縁のグリップですね (=^・・^=)
[PR]
by PRO230-ekisa | 2012-02-12 19:36 | クラブ調整・組立て | Comments(0)


古い ポンコツに近い ゴルフクラブの好きなブログです。


by PRO230-ekisa

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
Myメインゴルフ道具
絵日記
ドライバー
アイアン
パター・FW
ゴルフ用具
クラブ調整・組立て
クラブの科学
スタイル
ラウンド
オープンコンペ
スイング・練習
書籍
ゴルフグリップ
ゴルフ業界極めて個人的な愚痴
未分類

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2010年 11月

最新の記事

パター
at 2017-11-12 12:34
パターを買ってみた
at 2017-10-23 19:42
雨のオープンコンペ
at 2017-10-21 19:45
雨・・・
at 2017-10-16 21:11
グリップの経過観察
at 2017-10-15 20:32

最新のコメント

> old steelさ..
by PRO230-ekisa at 15:08
残念でしたね。 でも、..
by old steel at 22:11
> j's450さん ..
by PRO230-ekisa at 10:15
おはようございます。 ..
by j's450 at 09:08
> j's450さん ..
by PRO230-ekisa at 19:22
いつも楽しく拝見させても..
by j's450 at 10:21
> やきそばパンZさん ..
by PRO230-ekisa at 19:34
冷間鍛造だとナカリ思って..
by やきそばパンZ at 14:09
> やきそばパンZさん ..
by PRO230-ekisa at 22:34
これちょっと捻れて見えて..
by やきそばパンZ at 13:53

最新のトラックバック

外部リンク

検索

MY ホームページ

 MY ホームページ

http://pro230.nekonikoban.org/

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

ゴルフ

フォロー中のブログ

画像一覧